社長ダイアリー

埼玉県さいたま市KA様 合理的で強い構造体 ツーバイフォー工法フレーミング工事

2011/10/06(木) サブカテゴリー
KA様邸は、フレーミング工事が最終段階を迎えています。
あと屋根・垂木掛け・野地板張り・ベランダ工事を残すのみとなりました。

ツーバイフォー工法の建て方は、
在来工法の様に柱と梁で骨組みから始まる建て方と違い、
土台を組み上げ1階を組み2階を組んで屋根掛けに入る順序で始まります。

外から見ると、箱を組み重ねるように見えるので
弱いのではないかと誤解される事がありますが、
実は、在来工法の1.5倍の構造材の量を要します。

企画材を合理的に組み合わせていきますが、
特に開口部の個所は、非常にゆがみにくい構造となっています。
2×10材が45?間隔で配される床も、特に強さを感じます。
そしてファイヤーストップ構造も見逃せません。

火災保険も地震保険も、在来工法の場合の料金の半額というのもうなずけます。

記事一覧|2011年10月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ