社長ダイアリー

一年間の近況報告集

2014/12/31(水) 日々のこと

   近 況 報 告 

平成26年12月

カレンダーを配らせて頂きながら、外側から家の状態を見させていただく季節になってまいりました。全然変わらなく若々しいお客様、お引き渡しの時は小さかったのに成長されて大きくなられたお子様。何年経っても、弊社を応援いただくお客様の皆様に感謝の心で胸が熱くなります。

平成26年11月

今月は『なまず会』(協力業者の会)があります。私が二代目として引き継いでから改めて21年になりました。先代から通算で40年になります。職人と協力業者が一致して良い仕事ができてこそお客様の満足に繋がるわけですから、私もスタッフも、感謝の力が入る会です。今年は各業種の皆さんに更に『もみの木』の事を知って頂こうと催し満載で計画中です。

平成26年10月

台風が毎週のように関東を通り過ぎました。集中豪・暴風雨などの災害でも弊社技術員の万全な体制で今年も無事に過ぎる事が出来ました。私は幼い時に伊勢湾台風を経験しています。生まれたての妹と両親が安全な家に逃げ込む恐怖は忘れられない経験です。私が災害に重点をおいた家づくりを真剣に考えているのはその経験が真髄にあります。

平成26年9月

忙しくなってきました。スタッフと職人が、一人一人のお客様の満足に私と同じ気持ちになって頑張ってくれています。お客様の細かいご要望の積み重ねを建設しますと、世界でひとつのオンリーワンの住まいになります。どのもみの木の家も本当に素晴らしいです。私は、これが本当の注文住宅だと思って現場1棟1棟が可愛くてたまりません。

今月も頑張ります。

 平成26年8月

今年の夏は、弊社の変わり目として神に知恵を頂けるよう祈りました。またお客様の家族の問題があり毎日の祈りに加え祈りを増しました。まだ、解決には至っていませんが神が最良の方法の導きを期待しています。

 平成26年年7月

先月末、私は60歳になりました。節目として社員にケーキを頂きました。

「赤い頭巾にちゃんちゃんこ」等と世間ではいう年になりましたが、

「やっと成人しこれから活躍だ!」と言う気持ちになっています。息子にもスタッフにも職人さんにも助けられていますが、益々熟成してお客様にご満足いただけるよう努力し続けたいと思っています。

 

平成26年6月

私は、この年になって妻の大変さが解るようになりまして、私と母の朝食のおにぎりを作ってみました。恥ずかしながら意外に楽しくなって毎日の日課になっています。今日はこんぶ・明日は梅干し・無くなれば買い物も楽しく出かけます。こんな事ですが、朝から気持ちの良い一日が始まります。

始業2時間前に事務所の机に向かい工事の安全とお客様の幸せを祈る事から仕事を始めて、事務所の掃除へと進みます。朝礼・打ち合わせ後、毎日楽しく現場に向かっています。

いつも思う事は、スタッフがそれぞれの役割で精一杯頑張っている事と仲がいい事誠実な事と、各職人さんや協力業者が誠実で良い仕事をしてくれて仲が良いので、心から感謝しています。私の宝と言っても過言ではないと思います。

記事一覧|2014年12月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ