常務ダイアリー

大磯駅前のツーバイフォー工法建築「大磯迎賓館」

日本最古のツーバイフォー住宅と言われる「大磯迎賓館」に行きました。

明治末から大正元年に建設されたという、国産材によるツーバイフォー2階建て屋根裏・地下階がある住宅です。当時、貿易商だった木村氏が別荘として建築したとされています。

イタリアンレストランとして営業していて、結婚式場としても案内されているようです。

何といっても、二階のサンルームからは、海が見れて温かくてずっと居ついてしまいそうです。すごくスパンを開けているのが驚きと、当時のガラスのステンドグラス!素晴らしい!!

何より建物が、海沿いの台風や関東大震災にも無傷を証明しています!すごーい!!

折り上げ天井風の装飾ですが、窓の上に一本の装飾が、更に豪華さを加えている感じがします。

私の大好きなダークブラウンです。自宅のもみの木もこの色に塗りたいと思っていました。

レストランはおいしいし!建物は素敵だし!ツーバイフォーに興味を持っていただいたら、ぜひ足を向けて下さい~

帰りは、海岸で遊ぶも良し、「魚金」でお魚買ってください。おいしいですよ~

 

現在弊社では90%がツーバイフォー工法で建設しています。昭和48年に、国民金融公庫が融資対象住宅になってから先代が取り入れました。昭和52年頃に建てたツーバイフォー住宅が東名高速道路、焼津インター手前で見る事が出来ます。

現在は、火災保険の優遇なども加わり、ずいぶん一般的な工法になりましたよね~

 

 

 

 

 

SNS始めました!

アイコンをクリックして、

ぜひ遊びに来てください!!!

 

 

インスタグラムをやっていましたら是非フォローお願いします☆

 

フェイスブックもやっています!

「いいね!」 お待ちしています☆

 

ピンタレストで「もみの木の家」画像をゲットしてください☆

 

ライン@やっています!

お役立ち情報やもみの木新聞を配信中(^^)/

登録されても個人情報はこちらにはわかりませんのでご安心ください☆

友だち追加

 

 

記事一覧

1ページ (全263ページ中)

ページトップへ