常務ダイアリー

森林浴の効果・効能とは? 家に応用して「おうち森林浴」

 

ストレス低減、抗癌たんぱく質増加、鬱の改善など様々な健康的魅力を擁する森林浴。その効果・効能から世界中で人気を博す森林浴ですが、もしそれを普段生活する家で感じることができたら生活がどのように変化するのでしょうか。

家づくりを工夫して、まるで森林浴をしているかのような住宅を作ることを「おうち森林浴」といいます。今回のコラムでは森林浴のどんな効果・効能が医学的に証明されているのか、そしてどのような家づくりをすれば「おうち森林浴」が可能になるのかを解説します。

【目次】

  1. 森林浴とは
  2. 森林浴の効果・効能
  3. どんな人に効果がある?
  4. 家に応用しておうち森林浴 
       a. おうち森林浴向きの木の種類         
       b. おうち森林浴に効果的な、建材の使用箇所

1. 森林浴とは

そもそも森林浴とは一体なんなのでしょうか。森林浴という言葉が周知され始めたのは実はそんなに昔のことではありません。1982年、林野庁が樹木に接し癒しを求める目的で森林へ行くことを「森林浴」と名付けたのが始まりでした。

 「海水浴」や「日光浴」にちなんだ呼び名で親近感を得たことと、何よりその紛れもない健康促進効果が森林浴をした人に実感されたことでブームを巻き起こしました。

 その効果・効能は世界的にも立証されていて、ヨーロッパでは「森のお医者さん」という言葉が生まれるほどです。また、森林浴が「森林セラピー」や「自然療法」として実際に医療現場で実用化され、保険が適用される国さえあります。

 森林浴の効果・効能

それでは実際にどのような効果・効能があるのか見てみましょう。

  1. ストレス減少
  2. 副交感神経の活性化
  3. 脈拍数低下
  4. 緊張緩和
  5. 免疫能の向上
  6. 抗がんタンパク質の増加
  7. 「緊張」「抑うつ」「怒り」「疲労」などのストレス状態の改善
  8. 活力が出る
  9. 「身体の痛み」等の自覚症状の改善
  10. 「全体的健康」「心の健康」等の気分の改善
  11. 最高血圧・最低血圧の低下
  12. 運動による体質改善とリハビリテーション効果

※参考:特定非営利活動法人 森林セラピーソサエティ

非常に多種多様な効能があり、どんな人でも何かしら当てはまる項目があるのではないでしょうか。

大事なのは、こういった効果や効能がスーパーナチュラル的な力では決してないということです。上記のリストは、森林総合研究所、千葉大学環境健康フィールド科学センター、日本医科大学、日本衛生学会・森林医学研究会など名だたる組織が進めた研究により提唱しているものです。すべて実験結果に基づいています。

※実験内容とデータは特定非営利活動法人森林セラピーソサエティがまとめています。

 どんな人に効果がある?

上述した森林浴の効果・効能を考慮すると、次のような悩みを解決したい人にとって森林浴は効果的であり、おうち森林浴を検討する価値があります。

● 職場でのストレスを緩和したい
● 体調を崩しにくくしたい
● 早めにがん対策をしておきたい
● 身体に活力が欲しい
● 感情の起伏を穏やかにしたい

 筑波大学は研究で森林浴習慣が労働者のストレス対処力を高める可能性があると結論づけています。もちろん、森林浴をすることでストレスは緩和されますが、習慣づけることで日々の対処力が上がるのは大きなメリットです。

仮に年に一回森林浴ができたとしても、極端な話そこから次の森林浴までストレスは蓄積されてしまいますが、森林浴を習慣化することで日々の対処力が高まれば、より持続的なストレス対策となり、効率的です。

癌対策として森林浴が有効なことは日本医学大学衛生学公衆衛生学の李卿(リ・ケイ)客員教授も発表しています。同氏によると、森林浴によりNK活性とNK細胞がより高いレベルになることが明かされています。NK細胞とは、ナチュラル・キラー細胞の略で、がん細胞を自然に殺す細胞です。つまりNK細部が活性化・増加すればするほど抗癌能力が高まると考えられています。

 

 ※アンチ・エイジング医学-日本抗加齢医学界雑誌の表を参考に作成

 

 家に応用しておうち森林浴

 ここからは、これまでに述べた効能を自宅で再現するにはどうすべきかを解説していきます。森林浴の効果の源はフィトンチットという化学物質にあります。フィトンチットとは植物や木々が自身を外敵から守るために発する物質です。人間や動物は自身の身に危険が迫ると逃げたり隠れたりすることができますが、木々は動くことができません。そのため、自身の体から殺菌力のあるフィトンチットを放出して細菌などを殺しているのです。

森林浴をするということは、このフィトンチットを浴びることに近く、つまり家でもフィトンチットが出る建材を使用すれば、「おうち森林浴」を実現させることができます。

では実際どの種類の建材をどの部分に使えば、おうち森林浴という夢を叶えることができるのでしょうか。正解は「針葉樹を内装材に使う」です。一つひとつ見ていきましょう。

 a. おうち森林浴向きの木の種類

まず、木の種類は大きく広葉樹と針葉樹に分けることができます。広葉樹の特長はとにかく硬く丈夫なことです。室内を靴で過ごしても傷がつきづらいということで、特に欧米でフローリングとして活用されてきました。ですが広葉樹は、フィトンチットがほとんどないものや、人間にとって特別有効でない成分ばかり発している樹種が多く、おうち森林浴には向きません。

一方、針葉樹は比較的柔らかい材質で肌で温かみを感じることができます。当然有効なフィトンチットの成分を含む樹種が多く、おうち森林浴に最適です。

b. おうち森林浴に効果的な、建材の使用箇所

また、木造を検討するときすべての建材を森林浴向けにする必要はありません。住宅に必要な建材を大きく「構造材」と「内装材」に分けたとき、やはり接触機会が多い内装材に針葉樹を使用した方が効果的です。内装材とは主に床・壁・天井のことで、構造材は土台・柱・梁です。

フィトンチットを多く含む建材は、自然素材と呼ばれやはり安価な木材よりも少し値が張ってしまいます。適材適所で建材を選択するのが賢明です。

おうち森林浴を目指して家づくりを検討する人は、フィトンチットをキーワードに建材を選ぶことが鉄則となります。針葉樹にも様々な種類があり、過去の記事「木造住宅に使う木造の種類を比較!知る人ぞ知る建材とは?」で建材の種類を徹底的に比較していますので参考にしてください。

 

記事一覧

1ページ (全265ページ中)

ページトップへ