常務ダイアリー

頭痛が改善する話

2021/09/06(月) 健康の話

「頭痛持ち」「陽気病み」という言葉は、あたかもその人の体質や遺伝や気象状況で起こる頭痛のような気持にさせてしまいます。どうしようもない事だからと慢性的に起こる頭痛の改善をあきらめていませんか?アレルギー体質の方も化学物質過敏症の方も虚弱体質の方も、頭痛に悩まされない生活が可能であることを信じてください。

 頭痛に悩むとき知っておきたい頭痛の種類

  • こわい頭痛:緊急を要する頭痛

経験したことのない突然の激しい頭痛・吐き気・気が遠くなる・めまいなど、突然起こる症状の場合は救急対応が必要です。

厚生労働省研究班(東大医学部藤井班)監修

  1. クモ膜下出血
  2. 頭蓋内出血
  3. 脳腫瘍

慢性的な頭痛を起こす器質的な疾患としては、副鼻腔炎、下垂体炎、低髄液圧症候群、髄膜炎、硬膜炎、睡眠時無呼吸などがあります。

「最近、頭痛の頻度が増加した」「鎮痛薬が効かない」「発熱・意識障害・四肢麻痺や複視などの神経症状がある」などの場合は、神経内科での検査(頭部CT、MRI、MRAなど)をすすめます。

 

二次性の頭痛:ほかの病気が原因で起こる頭痛  

厚生労働省重篤副作用疾患別対応マニュアル 頭痛平成22年

 髄膜炎、高血圧、低血圧、低酸素血症、
 骨・あご・眼・耳・副鼻腔・歯・口の病気にるもの

 二次性の頭痛の中で要注意の症状が、下記のガイドラインです。
当てはまる項目が一つでもある場合は、救急対応が必要です。

慢性頭痛の診療ガイドライン
・突然の頭痛
・今まで経験したことのない頭痛
・いつもと違う頭痛
・回数と痛みが増してくる頭痛
・50歳以降に初めて発生した頭痛
・手足や指が思うように動かなくなったり、気が遠くなる頭痛
・癌や免疫不全の患者の頭痛
・精神症状と共にでた頭痛
・発熱と首の後ろが硬直する頭痛

  

  • 症状は辛いが、こわくない頭痛

 1. 片頭痛:ズキンズキンと脈打つように多くは頭の片方が傷む

発作的に起こり、ひどい時は目の奥まで痛む頭痛です。吐き気を伴う事もあって、光や音やニオイに敏感になって体を動かすことも辛くなる大変つらい頭痛です。

 片頭痛は、こわくない頭痛ですが前兆のある片頭痛は脳卒中のリスクとなりうることが知られていますので注意が必要です。

<原因>

ストレス・ストレスからの解放・強い光・大きな音・気圧の変化・温度の変化・直射日光・睡眠不足や過眠・人混み・女性ホルモン・化学調味料(いわゆる中華料理症候群が有名)・ニオイの強い柔軟剤・合成洗剤・香水(合成ムスク)・防虫剤・建物の建材・鎮痛剤の飲みすぎ(薬物乱用頭痛)・飲酒や喫煙・副流煙・食物(チーズ・赤ワイン・オリーブオイル・チョコレート・コーヒーなど)・乗り物の振動など

原因ははっきりと解明されていないが、脳の血管を取り巻く三叉神経の炎症がかかわっていると考えられている

 人によってギザギザした光が見える・空腹感・生あくびを繰り返す・イライラする・手足がむくむ・体が硬くなるなど痛みの前兆がある
★ 意外に知られていないのが、
  「うま味成分:グルタミン酸ナトリウムの大量摂取」の問題です。
味の素・本だしなどの成分でもあり、血管収縮作用があるため欧米では、WHO世界保健機構の基準に合わせ使用量が決められている(我国は規制は無い)、頭痛を繰り返している時は控えるのがベターです。

 <対処方法>

頭痛が起きている時は、入浴・運動・マッサージも逆効果。

痛む部分を濡れタオルで冷やして(冷やしすぎに注意)横になって静かな部屋で休むほかありません。

月に10日以上の頻度で鎮痛剤を服用していると薬物使用過多による薬物乱用頭痛に陥るため要注意です。

専門医にかかり急場の激痛を対処するのも大事ですが、痛みが治まったら薬に頼りすぎない生活改善を試みることが最も大事です。(下記参照)

ひどい片頭痛の改善には、とても強く多臓器に影響をしかねない薬物を用いる場合があるからです。

★ 意外に知られていないのが、
  「うま味成分:グルタミン酸ナトリウムの大量摂取」の問題です。
味の素・本だしなどの成分でもあり、血管収縮作用があるため欧米では、WHO世界保健機構の基準に合わせ使用量が決められている(我国は規制は無い)、頭痛を繰り返している時は控えるのがベターです。

  1. 緊張型頭痛:重苦しく締め付けられるような頭痛

<原因>

主に、首や肩のこりやストレスが原因で起こります。 

職場や学校のOA化やリモート会議が増えたことや、高機能のゲーム機の普及や高機能の携帯電話の長時間利用で同じ体制を長時間続けるなどで、老若男女に増えている頭痛です。長時間の運転でも起こりやすくなります。

また、住環境や職場環境のストレスにもかかわっています。

<対処方法>

・2時間ごとに休憩して違う動作をする
・首や肩のストレッチを身につける
・電子機器などで失ったミネラルを毎日補給(マグネシウムなど)
・香りの強い洗剤や柔軟剤を使わない
・防虫剤の多用を控える(衣類の防虫剤の使い過ぎ・日常的な防虫剤使用・室内噴霧噴煙型の防虫剤をやめる・シロアリ駆除工事は安全なホウ酸系を使う)
・化学調味料や保存料などの添加物や農薬の少ない食事をとる

  

  1. 群発頭痛:頭の片方だけ痛む、目をえぐられるような痛みが2か月間毎日数時間現れる。目の奥にある三叉神経の血管の炎症と考えられています。

左右どちらかの目の周囲や頭の片側に15~180分続き、じっとしていられないほど痛む。頭痛が起こる同じ側の目が充血し瞼のむくみ鼻水や顔と額が紅潮する。男性の方が多く発症。近年は女性の割合も増えている。

 <原因>

ホルモン説、体内時計の狂い、遺伝子説、飲酒・喫煙起因説など、諸説ありますが正確には解明されていない。

  <対処方法>

 あまりの痛みに耐えかねて救急外来に駆け込むが、診察時には症状がなくなり、帰宅するとまた発作が起きたりするので、痛みの質と同様心が折れてしまうと患者さんはよく言うそうです。

症状が長く続く場合が多いので、専門医へ受診が必要ですが必要です。薬物療法の他に、純酸素吸入をゆっくりと15分くらいすると改善する事もあるそうです。

 症状が治まったら、生活改善を心掛けると繰り返し悩まされることが激少しますのでお試しください。(下記参照)

 頭痛改善の為の生活改善

 1. 洗剤・シャンプー・ボディソープ

片頭痛と緊張性頭痛と群発頭痛、三拍子に悩まされていた私が、衣類の合成洗剤と柔軟剤と入浴剤を使わない事を決めただけで半分の症状が無くなりました。

 化学物質が身体に入る経路の6割近くは、皮膚や粘膜からだといいます。

安全な界面活性剤の洗濯洗剤を選んでください。

ボディーソープやシャンプー・コンディショナーも安全なものに変更してください。

 2. 入浴剤

赤色〇号、黄色〇号などの添加物のない入浴剤を選択しましょう。

 3. 防虫剤

衣類の防虫剤パラジクロロベンゼン、ピレスロイド系等は揮発量も多く長期間いることで問題が生じています。衣類の防虫剤は、昔ながらの天然クスノキの樟脳・イチョウの葉・モミの木の葉(群馬地方の民間伝来)等を防虫剤の代わりにするか、密封容器で衣類を守りましょう。

 長時間の蚊取りマット稼働を止めて、寝る前に30~60分だけ蚊取りマットを稼働させるだけで蚊には効果があります。また安全なモノをチョイスしましょう。

室内で噴霧発煙させる防虫剤で化学物質過敏症に発展した例があります。使用しないようにましょう。

 戸建のシロアリ駆除工事にはホウ酸系を使いましょう。

 4. 食事

現在、日本の農薬使用量は韓国に次いで世界第二位の農薬大国です。

タバコの副流煙を気にして、タバコ由来のネオニコチノイド系農薬が主流の矛盾がある事を知り、食卓にあがる食材もなるべく有機栽培以上にしましょう。

主食を無農薬することが効率が良い事のように感じます。

化学調味料や添加物の多いものはさけましょう。

 5. その他

自然欠乏症候群という症状をご存じでしょうか?

自然の少ない待場、慣行栽培で農薬の多い田園地帯、そのような環境からたまには森林に出向いてはいかがでしょうか。山を歩いてみたり、海岸を散歩したりするだけで現代社会のストレスが緩和されていくことを感じると思います。

 家の環境の重要性はこちらのコラボをご覧ください

シックハウスは新築に多い?家づくりの段階から始める究極の対策

自然の森へ出かける機会が無い方は、モミの木の家に住んでください❤

 

 

記事一覧

1ページ (全266ページ中)

ページトップへ