スタッフダイアリー

岐阜の病院入院患者熱中症死亡について思うこと

設計部 園部 博(そのべひろし) 自己紹介へ
2018/09/03(月) 設計部 園部

岐阜 藤掛病院 ニュース写真                            8月26日から28日にかけて、岐阜市の病院で入院患者5人が熱中症の疑いで死亡というニュースがながれました。原因はエアコンの故障によるものと報道されています。昨今の暑さは気温以上に厳しく感じられ、クーラーは必需品になりつつあります。建築に携わっているものにとっても建物の必需品として考慮が必要となってきています。今回のエアコン故障は定期点検を怠っていたことがが要因として挙げられていますが、病院運営の中に建物管理の意識が薄かったのではないでしょうか。今回の件は盛夏の時期に起きてしまった何とも不幸な事件ですが、病院に限らない他の施設でも起こりえる事であり、建築と密接に関わっている設備に関連しての事件で他人事では無く感じてしまいました。よく、電気・水道など”ライフライン”といいますが、今年のような暑さの状況ともなると、エアコンそしてそれを付属する建物も”ライフライン”と云えるのかもしれません。

                                

SNS始めました!

アイコンをクリックして、

ぜひ遊びに来てください!!!

 

 

インスタグラムをやっていましたら是非フォローお願いします☆

 

フェイスブックもやっています!

「いいね!」 お待ちしています☆

 

ピンタレストで「もみの木の家」画像をゲットしてください☆

 

ライン@やっています!

お役立ち情報やもみの木新聞を配信中(^^)/

登録されても個人情報はこちらにはわかりませんのでご安心ください☆

友だち追加

 

 

記事一覧

1ページ (全199ページ中)

ページトップへ