スタッフダイアリー

上野公園、東京国立博物館

総務部 梶原みつる(かじわら・みつる) 自己紹介へ
2020/01/27(月) 経理部 梶原

休日は、 上野の東京国立博物館へ。

1月15日から開催された〔出雲と大和〕特別展を観てきました。 

我が国最古の歴史書〔日本書紀〕が成立してから1300年を迎えた今年、それを記念した特別展だそうです。

大和王権が出現した大和(奈良県)と、それを支えた出雲(島根県)からの出展です。

国宝23件・重要文化財75件の出展品はどれもみどころいっぱいでした。

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛 島根県内にある荒神谷遺跡 で出土

 

 弥生時代の加茂岩倉遺跡を復元した模型

 古墳時代(5~6世紀) 島根県平所遺跡出土品 埴輪 見返りの鹿

 

 室町時代〈15~16世紀) 島根  出雲大社蔵

赤糸威肩白鎧(あかいとおどしかたしろい)

室町将軍・足利義政が献じたとされる大鎧です。

 いつもと違った空間に身をおき、古代の遺跡や遺品に接して日本の成り立ちや

人々の暮らしなど、遠い昔を感じる貴重な時間でした。

上野公園も、この日は 春のような暖かな日差しでのんびりと公園を散歩しました。

 

記事一覧

1ページ (全229ページ中)

ページトップへ