スタッフダイアリー

故郷

総務部 梶原みつる(かじわら・みつる) 自己紹介へ
2018/11/26(月) 経理部 梶原

私の故郷は愛媛県宇和島市です。愛媛県の南部に位置した都市で伊達10万石の城下町です。子供の頃は城山に登ってはよくお城の周りで遊んだことが思い出されます。先日帰省して姉との楽しい時間を過ごす事ができました。町並みもご近所さまも友達も変わらずやさしく迎えてくれて故郷の良さをたっぷりあじわうことができました。

街中どこからでもお城を眺めることができます。

お城と並んで市内の観光スポットのひとつ〔天赦園〕も有名です。ちょうど姉の家のすぐ近くなので帰省すると必ず〔天赦園〕のお庭を散歩するのが楽しみなのです。天赦園は国の名勝にも指定されていて、七代藩主伊達宗紀が隠居の場所として建造した大名庭園で池泉回遊庭園の美しいお庭です。

中央に大きな池があり周りには伊達家の家紋〔竹に雀〕にちなみ、さまざまな竹や笹が植えられています。藤原氏ともかかわりがあるということで藤棚も多くて藤の花の咲く頃も見事なことでしょう。牛の形をした臥牛石や起牛石、虎の形の虎吠石など珍しい形の石もいろいろ配置されています。姉と過ごす故郷での時間は本当に楽しくて幸せでした。高齢になった姉のことを思うとこれからもできる限り帰省したいと思っております。

天赦園の池は透明できれいです。

池の周りには竹が多く20種類あまりの竹が植えられています。

庭園に配置されたさまざまな形の石も見どころの一つになっています。

 

池のそばには春雨亭(書屋)

能書家でもあった宗紀はこの書屋で書道を研鑽、多くの貴重な書が遺されているそうです。

記事一覧

1ページ (全216ページ中)

ページトップへ