スタッフダイアリー

夏からいつの間にかの秋へ・・・、プロ野球日本シリーズ

設計部 園部 博(そのべひろし) 自己紹介へ
2018/11/05(月) 設計部 園部

今年今年の”日本シリーズ”はソフトバンクホークスの下剋上優勝でした。            今年もセ・リーグ のダントツ優勝の広島は1勝4敗1引き分けで日本一にはなれませんでした。1戦目は大熱戦の末2-2の引き分け。そして 3戦目の8-9の敗戦が明暗を分けた形です。特に3戦目の8-9の敗戦はシーズン中の”逆転の広島”のパターンかと思われましたが、逆に負けてしまいジンクスが破られてしまった形になってしまいました。ここからいっきにソフトバンクの優勢ムードになってしまいました。大きな要因はテレビの解説でも再三云われていた”盗塁阻止”だったように私も思いました。この盗塁の失敗が半分で済んでいたなら形勢は逆転していたかもしれません。結果パ・リーグ2位のソフトバンクが優勝と成りました。それでも果敢にチャレンジし続けた広島の戦い方には、”負けても潔し”で拍手を送りたいと思います。全部で6戦でしたが両チームの特徴が出ていたとても内容のある良い試合だったと思います。特に広島のセカンド”菊池選手”の守備は出色でプロの技を感じさせてくれます。 そして毎年同じようなことを述べていますが、”日本シリーズ”が終わると秋を感じさせられ、少し淋しさを感じます。野球人気も年々失われつつある感じで、日本シリーズの話題もあまり聞かれなくなってきていますが私にとっては季節の変わり目を感じさせる風物詩でもあり、今後も熱戦を期待しています。

SNS始めました!

アイコンをクリックして、

ぜひ遊びに来てください!!!

 

 

インスタグラムをやっていましたら是非フォローお願いします☆

 

フェイスブックもやっています!

「いいね!」 お待ちしています☆

 

ピンタレストで「もみの木の家」画像をゲットしてください☆

 

ライン@やっています!

お役立ち情報やもみの木新聞を配信中(^^)/

登録されても個人情報はこちらにはわかりませんのでご安心ください☆

友だち追加

 

 

記事一覧

1ページ (全214ページ中)

ページトップへ