スタッフダイアリー

「アール・デコ 光のエレガンス展」から

総務部 梶原みつる(かじわら・みつる) 自己紹介へ
2012/09/30(日) 経理部 梶原

 パナソニック 汐留ミュージアムへ行ってきました。

 アール・デコって?

 ヨーロッパの華やかな装飾の置物や家具が流行った時期のデザイン

 かな? なんとなくの感じしかわからなかったのですが・・・

 1920年代を中心としたフランスなどで流行したデザインで「装飾芸術」

 と言われ、当時の生活スタイルだったんですね。

 アール・デコ期の照明器具を中心に展示されていますが、花瓶や置物

 食器、当時のポスターなど様々な作品を見ることができました。

 近代化によるデザインの変化も面白く感じました。

  

 花瓶も色鮮やかな文様で美しいです。

 左の花瓶は浮き彫り状になっているんですよ。

 右はブルーの色が鮮やかで作品も大きくて、すごい迫

 力がありました。

 

 

 

 

 見た瞬間日本的だなと思ったのは、やはりそうでした。

 この作品は、なんと日本のうるし職人から学んだものだ

 そうです。

 アール・デコとうるしの組み合わせが不思議ですね。

 球形のこの花瓶は、1925年のもの

 幾何学文様がモダンです。

 

 

 テーブルセンターピース「三羽の孔雀」

 なんとエレガントな!!

 食卓を飾る光の芸術です。

 この展覧会では優雅で贅沢な1920年代のパリの室内

 を感じる貴重な空間を味わう事ができました。

 落着いた雰囲気の美術館で、今回も一つ一つの作品

 を、じっくり観る事ができました。

 

 

  

記事一覧|2012年9月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ