スタッフダイアリー

アカデミー賞映画”パラサイト”の快挙

設計部 園部 博(そのべひろし) 自己紹介へ
2020/02/17(月) 設計部 園部

映画 パラサイト 宣伝写真 アカデミー賞 作品賞、監督賞他 オスカーに輝いた ”パラサイト 半地下の家族”の宣伝写真

韓国映画 ”パラサイト 半地下の家族”がアカデミー賞作品賞、監督賞など主要な賞を獲得という快挙に輝きました。

 映画は下層階級の人々のたくましく生きていく様子をコミカルに軽いタッチで描いておき、下層階級からの脱却の厳しい現実を感じさせる映画となっています。このような状況は韓国に限らず日本でも、そしてアメリカやヨーロッパでも貧富の差のようなものとして感じら、そこに”インターナショナル”な共感を得られているのではないかと思います。この映画は東洋的な独特な精神世界を描いたものでもなく、韓国オリジナルのような”クセ”もなく、かといってハリウッドのカンバン俳優が出演しているわけでもないにも関わらず、テーマ性が世界で共感を得られるもので、そしてアカデミー賞をターゲットにしたような”思惑”も感じさせない新鮮な感じがとてもよかったのではと思いました。

私個人の願望なのですがアカデミー賞映画って”粗削りでも壮大感やスケール感”を感じさせて欲しいというところがあって、この点が少し小粒な感じの映画という印象をありそこがしいて言うと物足りない感じがあります。しかしながら、ハリウッド映画、そしてアカデミー賞も新たな段階へ進んだような気がしていて、日本映画のアカデミー賞作品賞受賞も近い将来あり得ると期待できます。

今回の”パラサイト”に少し嫉妬を感じながら、他方で日本映画だけではなく映画全体に大きな期待を感じて、またまた映画が楽しみになってきています。

記事一覧|2020年2月

ページトップへ