スタッフダイアリー

読み聞かせ

総務部 石川恵理子(いしかわ・えりこ) 自己紹介へ
2019/05/25(土) 総務部 石川

宮城県から夫の母が遊びに来てくれました。

お母さんは幼稚園で絵本の読み聞かせをしています。

幼稚園のこども達は、お母さんの語りで想像力をふくらませて、

とても真剣なまなざしでお話を聞いているそうです。

あえて、最初から絵は見せないで

こども達のつよい希望があった時だけチラリと見せるのが

想像力がかき立てられてワクワクする 聞かせ方なんだそうです。

 

そんなお母さんに私の大好きな絵本、『ネコヅメのよる』をみてもらいました。

すると、

お母さんは、うちのサダメ君に向かって 絵本を読み始めたので

私もそっと後ろで聞かせてもらいました。

※サダメ君は家の猫です。

 

耳を前にピンと立てて、お母さんの顔とめくるページを交互に見つめています。

この表情、「猫缶を食べさせてくれないか?」と詰め寄ってくるときと同じ目だ。

要するにサダメ君 真剣に聞いているということなんです。

 

明るく、優しく、少々の東北なまりが、私にとっても

心地よく、いつまでもページが続けばいいのにと思いました。

 またお母さんに読んでもらおっと~

 

 

 

記事一覧

1ページ (全222ページ中)

ページトップへ