スタッフダイアリー

加入する保険の種類によって保険会社は変えよう

経理部 柴田 憲昭(しばた のりあき) 自己紹介へ
2020/07/24(金) 経理部 柴田

2020年5月1日の時点で、日本にある生命保険会社は42社、損害保険会社は53社あるそうです。

保険会社によっては、同じような種類の商品があったり、逆にその保険会社にしかない独自の面白い商品があったりします。

私も生保・損保ともに複数の保険会社の商品に入っています。

ここからは、あくまで私の個人的な主観もありますが、

がんや医療保険・死亡保険等の生命保険を契約するなら外資系保険会社をお勧めします。例外はありますが日本の生命保険会社はお勧めできません。

外資系保険会社の商品の大半は、保険料が加入時の年齢から一生涯変更しない点がお勧めできる理由のひとつです。日本の大手生保会社の特徴は、医療・がん・死亡等の保障を組み合わせてひとつの商品とし、毎月の保険料を出していますが、10年毎に見直しがあり、保険料が増加するためお勧めできません。若い時は良いかもしれませんが、老後になるとひどいものです。(あまり生保に入りたくない方は、県民共済のような商品は良いと思います。)

逆に自動車保険や火災保険等の損害保険会社は、外資系はお勧めできません。事故時の保険金支払いや対応が悪いケースが多いように感じます。それに対し、日本の損保会社はしっかりした対応をしてくれるケースが多いように感じます。

では、どの保険会社にどんな商品があるかは、また時間のある時にお話しします。

 

 

下記の通り SNS配信中です。

よろしければ、アイコンをクリックして、遊びに来てください (#^.^#)//

 

インスタグラムをやっていましたら、是非フォローお願いします☆

フェイスブックもやっています!

「いいね!」 お待ちしています☆

 

ピンタレストで「もみの木の家」画像をゲットしてください☆

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全239ページ中)

ページトップへ