スタッフダイアリー

広島平和記念式典で思う事。

設計部 園部 博(そのべひろし) 自己紹介へ
2019/08/08(木) 設計部 園部

 広島平和記念式典写真                                              

年号が昭和から平成、そして令和へとへと変わりましたが1945年8月6日の広島、8月9日の長崎の原爆は私自身もこの盛夏の季節が来るたびに原爆の悲惨さを小説や映画などの作品や、テレビなどのドキュメンタリーを通して、見たり、見せられたりで、その恐怖や悲惨さを体験していなくとも刷込まれているような気がしています。   この刷込みは私たちの世代の周辺にはまだ被爆体験者やその関係の方々がたくさんいて、その実体験などを聞ける機会も多くまた語り伝えようとするエネルギーがあちらこちらにあったからだと思っています。しかし、昨今では原爆被爆、そして終戦から74年がたち、被爆者やその周辺の方たちも没された方も増え、それとともに語り伝えようとするエネルギーも残念ながら減少してきているのではないかという気がしています。

 この盛夏の時節に思うのは、せめて原爆経験者ではない私たち世代ではあるのですが、原爆の恐ろしさを教えられ、刷込まれてきた私たち世代は、次代の子供達世代に原爆は決してバーチァルではなく、伝説でも、小説でもない現実の出来事で、1945年8月6日広島、8月9日長崎で起こった事実なのだということを伝えることと思います。

SNS始めました!

アイコンをクリックして、

ぜひ遊びに来てください!!!

 

 

インスタグラムをやっていましたら是非フォローお願いします☆

 

フェイスブックもやっています!

「いいね!」 お待ちしています☆

 

ピンタレストで「もみの木の家」画像をゲットしてください☆

 

ライン@やっています!

お役立ち情報やもみの木新聞を配信中(^^)/

登録されても個人情報はこちらにはわかりませんのでご安心ください☆

友だち追加

 

 

記事一覧

1ページ (全224ページ中)

ページトップへ