スタッフダイアリー

『いせ辰』 江戸千代紙

専務 矢澤 佑規(やざわ・ゆうき) 自己紹介へ
2009/10/26(月) 過去のブログ

東京千駄木の駅近くに住んでいる息子のマンションに行ってきました。

この辺りは東京お散歩コースとしても人気エリアでしょうか、人の流れも多いです。私達も町内をブラリ散歩、近くに江戸千代紙で有名なお店があると案内してくれました。

そういえば息子からこの夏に、インテリアにもなるちょっと粋で上質な団扇が送られて嬉しかったのですがこのお店だったのねぇ。


『いせ辰』は、江戸時代末期から続いている老舗だそうで、江戸千代紙や紙工芸品の専門店としてかなり有名らしく、この日も間口も狭いこじんまりした店内はけっこう混んでました。

色とりどりの日本の模様は、かわいらしくて とてもてきれい。
ところせましと並んでいる江戸千代紙、はがき、アルバム、紙細工、小物と見てるだけで楽しいお店です。
海外のお土産にもこれは喜ばれるでしょう。 
私もかわいい小物入れや絵はがき買っちゃいました。

千駄木・根津界隈は震災や戦火を免れた町並みが多いとか、江戸から昭和の面影を残した商店街など どこか懐かしくやさしくなれる町ですね。

森鴎外、夏目漱石、川端康成、高村光太郎、北原白秋など多くの文豪、詩人の住んでいた町としても興味つきない場所です。
息子がこの町を気に入って住まいを決めたのもよくわかりました。

これから何度でもゆっくりとこの界隈を散歩したいと思ってます。













記事一覧

1ページ (全212ページ中)

ページトップへ