スタッフダイアリー

映画 ”命みじかし、恋せよ乙女” 観ました。

設計部 園部 博(そのべひろし) 自己紹介へ
2019/08/26(月) 設計部 園部

 映画 ”命みじかし、恋せよ乙女” の宣伝写真

 ”命短し、恋せよ乙女” このフレーズはなじみのあるフレーズなのですが、”ゴンドラの唄” の歌詞 の一部なのですね。知りませんでした。映画の中で樹木希林さん演じる茅ヶ崎館の女将がくちずさんでいます。このフレーズに女将の悲哀が込められていて、これを口ずさむ希林さんの自然体の演技が印象に残ります。若い頃の希林さんの演技は個性派で、作品のスパイスとなるような特徴のある演技だったように思います。亡くなられる前のここ1~2年の演技はまさに自然体の演技でありながらの重要な存在感のあるものでした。

日々是好日、万引き家族、そして命みじかし、恋せよ乙女 ・・・

時間ですよ の”悠木千帆”時代から見ている世代の私としては、希林さんが出演のドラマや映画を見るとともに、その生き方まで見て生きているような気がしており印象的な女優さんです。

映画はドイツ人女性監督の作品で、日本の霊的感性、幽玄性をどう感じているのかを表現している映画と思いました。欧米では”ゴースト”とか”モンスター”とかの感覚はあると思うのですが、日本でいうところの”霊”を的確に表現する感覚がないのではと思っていますが、この感覚を現した映画なのでないかと思いました。英語で近い言葉としては”ソール”とか、”スピリット”になるのでしょうか?やはり少しずれているような気します。ヨーロッパの人達が感じるこの”不思議感”を映画にした作品ではないかと思います。

SNS始めました!

アイコンをクリックして、

ぜひ遊びに来てください!!!

 

 

インスタグラムをやっていましたら是非フォローお願いします☆

 

フェイスブックもやっています!

「いいね!」 お待ちしています☆

 

ピンタレストで「もみの木の家」画像をゲットしてください☆

 

ライン@やっています!

お役立ち情報やもみの木新聞を配信中(^^)/

登録されても個人情報はこちらにはわかりませんのでご安心ください☆

友だち追加

 

 

記事一覧

1ページ (全225ページ中)

ページトップへ