スタッフダイアリー

「今和次郎 採集講義」展を観てきました。

2012/03/15(木) 過去のブログ
今、パナソニック汐留ミュージアムで開催されている「今和次郎展」へ行ってきました。
今回の展示は、絵画や工芸とはちょっと趣の異なった作品ですね。今和次郎(こん・わじろう)という人を初めて知って、こんな人がいたんだという驚きとそのスケッチの面白さに見入ってしまいました。

昭和初期から日本の民家と生活のすべてをたんねんに調査し記録し、東京の様子や人々の生活を観察したスケッチは、とてもイキイキとしています。

銀座で行った通行人の服装、髪型、スカートの長さ等など、ここまで細かく忠実に描くということは本人も好きでなければできないでしょうね。
当時が浮かび上がってくるイラストや統計に感心するやら面白いやら楽しめました。

あらゆるモノを克明に記録し続けただけでなく建築家でありデザイナーでもあった今和次郎は、人々の暮らしを第一に考えていた人なのでしょう。

時代の移り変わりをあらためて感じながら、暮らしを見つめることに目がいった展覧会でした。
いつもあらたな発見があるパナソニック汐留ミュージアム今回も行ってよかった!!



記事一覧|2012年03月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ