専務ダイアリー

豊洲のタワーマンション街を探索!

矢澤 佑規 自己紹介へ
2018/10/24(水) 日常

用事があり、豊洲へ行ってまいりました!

 

海に囲まれた埋め立て地にタワーマンションが立ち並んでいます。

 

 

現代の風物詩となったタワーマンション。

実は、将来的なリスクを背負っているのも事実。

 

管理費の問題

管理費の構造は、最初はデベロッパーが販売しやすいように安く設定されています。

5年、10年、15年と年数がたつにつれて徐々に上がってゆき、30年も経てば倍以上に。

タワーマンションは当初から3~5万円/月と高いのですがこれが倍になるとなると恐ろしいですね。

 

修繕費

これも大問題。

川口市にあるエルザタワーは12億円かかったとか。

建物は時間の経過とともに痛みますので2度目の修繕時にはいくらかかるか想像もつきません。

住民の賛成を取付なければならず、反対が多い場合は修繕すらできずどんどん劣化してゆきます。

修繕積立金も将来、倍以上になることは想像がつきます。

 

災害時のインフラ設備

災害時には、電気が止まってしまうケースが多いでしょう。

タワーマンションは電気が命。

エレベーターはもちろんのこと、水も電気式のモーターでくみ上げており当然ストップします。

想像するだけで悲惨です。

 

せっかく豊洲のきれいな風景を見ているのに、

こんなことばかり考えてしまう悪い癖です。。。

 

 

 

SNS始めました!

アイコンをクリックして、

ぜひ遊びに来てください!!!

 

 

インスタグラムをやっていましたら是非フォローお願いします☆

 

フェイスブックもやっています!

「いいね!」 お待ちしています☆

 

ピンタレストで「もみの木の家」画像をゲットしてください☆

 

ライン@やっています!

お役立ち情報やもみの木新聞を配信中(^^)/

登録されても個人情報はこちらにはわかりませんのでご安心ください☆

友だち追加

 

 

記事一覧

1ページ (全43ページ中)

ページトップへ