柴田ダイヤリー

クロアチアがユーロ導入へ

2022/06/09(木) お金について

6月1日、EU(欧州連合)の欧州委員会は、クロアチアがEUの単一通貨「ユーロ」導入の基準を満たし、2023年1月から導入できると公表されました。7月にある財務相理事会で最終的に判断されます。

クロアチアは、2013年にEUに加盟しています。人口は400万人足らずなので、東京都※の3分の1以下と考えると、かなり小さな規模の国ですね。

クロアチアの現行通貨は、クローナ。このままいけば20番目の採用国となります。

20か国が全て同通貨となるのでモノの値段もほぼ一緒にしないとならない訳ですよね。あの国では1ユーロで購入できるのに、この国では倍かかりますということはなかなかできなくなりますよね。そう考えると、クローナをユーロするということは、物価等の基準を調整するのに相当な努力が必要だったのではないかと思われます。

ユーロは、1999年に採用スタートしました。一番最近では、2015年にリトアニアが導入しています。クロアチアの次は、現在ブルガリアが2024年の導入を目指して動いています。

私は、こういうニュースが流れるとクローナをユーロ導入前に手に入れたくなります。 数十年後プレミアがつくので・・・

ユーロ導入4年前に行ったイタリアで、余ったリアを取っておいたのですが、良い値段で売れた記憶が残っています。

もし、手元にクローナがあればタンスにしまっておいたほうがいいかもしれませんよ。

 

※東京都の人口は、2022年4月1日現在13,995,469人です。

 

 

下記の通り SNS配信中です。

よろしければ、アイコンをクリックして、遊びに来てください (#^.^#)//

 

インスタグラムをやっていましたら、是非フォローお願いします☆

フェイスブックもやっています!

「いいね!」 お待ちしています☆

 

ピンタレストで「もみの木の家」画像をゲットしてください☆

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全41ページ中)

ページトップへ