柴田ダイヤリー

2021.2.8 さいたま市T様邸

2021/02/09(火) 建築現場訪問

今年、最初にお伺いしたT様邸ですが、前回はちょうど外壁を作っていました。

それから3週間、上棟です。屋根まで出来上がりました。平屋作り(一部2階あり)のとても広々としたご自宅です。

この日は、打ち合わせ、4隅をお清めし、上棟式を行いました。

  

せっかくなので色々と見学させて頂きました。

最初に目についたのは、床下の断熱材です。これが床板の下に入ってます。結構分厚いです。

 

 開口部の上部にある横木を「まぐさ」と言います。これを入れることでたわみ等の補強をしています。大地震の後に窓が開かなくなったと聞いたことありませんか。ここがしっかりしていないとその現象が起きてしまいます。2×4工法では、必ず開口部の上に「まぐさ」を作るため、そのような現象は起こりません。

 

面格子目隠しルーバーです。

シャッターや雨戸では、閉めてしまうと風が入らないため、空気の入れ替えが出来ないですよね。でも、窓を開けっぱなし(特に1階)では防犯上心配です。この面格子目隠しルーバーは、写真のように開け閉めが出来るので、防犯上も安心ですし、空気の入替えが可能です。ただ、ちょっとお値段が高いです。

 

ちょっと見にくいですが釘の色に注目して下さい。1枚目は赤の釘で2枚目は青の釘です。釘は長さで色分けされているため、もし間違ったところに打ってしまっていると、見る人はすぐに分かるそうです。

   

屋根の下には、棟換気のための空間が確保されています。

着工から2か月弱でここまで来ました。完成まであと2か月強です。

 

 

下記の通り SNS配信中です。

よろしければ、アイコンをクリックして、遊びに来てください (#^.^#)//

 

インスタグラムをやっていましたら、是非フォローお願いします☆

フェイスブックもやっています!

「いいね!」 お待ちしています☆

 

ピンタレストで「もみの木の家」画像をゲットしてください☆

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全22ページ中)

ページトップへ