柴田ダイヤリー

DGH(ラジエントヒーター)で作るレシピ ハンバーグ③

初日はソース作り、2日目は下ごしらえとお話してきましたハンバーグ作り。

今日は最終日。DGHクッキングヒーターでの調理です。

10/11にお話ししましたが、これはIHではありません。IHは電磁波がものすごく怖いのです。

 

 まず、フライパンを最強で3分温めます。温まったら昨日お話しした下ごしらえしたものをフライパンへ。3cm程の厚さへ伸ばしたら、蓋をして3~4分。

  

少し焦げてきた臭いがしたら蓋を開けて裏返しにします。裏返したら初日にお話ししたソースをかけます。

     

フライパンの周りに卵を割ったら電気を止めて、蓋をして13分待ちます。ここからは全て余熱での調理です。

    

13分したら蓋を開けるとご覧の通り。ハンバーグの厚さは3cm程度ありますが、しっかり中まで熱が通っています。

    

最初に油は一切引いておりません。それなのに全くフライパンにこびり付くことはありません。

これはDGHの遠赤外線効果です。

 

普段全く料理はしませんが、このDGHを見ていると、とても料理が楽しくなり、全く苦になりません。不思議ですね。

 

 

下記の通り SNS配信中です。

よろしければ、アイコンをクリックして、遊びに来てください (#^.^#)//

 

インスタグラムをやっていましたら、是非フォローお願いします☆

フェイスブックもやっています!

「いいね!」 お待ちしています☆

 

ピンタレストで「もみの木の家」画像をゲットしてください☆

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全15ページ中)

ページトップへ