柴田ダイヤリー

ローソンのレシートに追跡型広告

2021/11/15(月) どうでもいい豆知識

ローソンが2022年から来店客の嗜好に合わせた広告や販促サービスを開始します。

数千万人の会員情報をもとに購買履歴などをAIで解析し、商品を購入する可能性が高い客向けに広告やクーポンをレシートやアプリで提供します。

ローソンは、Pontaとdポイント利用者約8000万人のうち、コンビニ利用者の数千万人の購買データを持っており、過去の購買情報をもとに流行に敏感、ダイエット志向が強い等、数十種類の価値観を分析。これに、年齢・性別等を考慮し、NECのAIが商品を購入しやすい客を抽出。レシートへの印刷やスマホアプリへの配信で広告やクーポンを提供するとのこと。

 8月にロッテと共同で実証実験を行った結果、類似商品を購入した人を絞った上で、目新しさを重視する消費者には新商品を強調し、ストレスが溜まっている人には癒しを強調した広告をレシートに印刷。類似商品を購入した人が広告配信をせずに新商品を買う割合は通常の4倍だったのに対し、広告を配信すると12倍に高まったとのこと。

すごい効果があるんですね。

私が購入したらレシートにどんなのがでるのか楽しみです。

 

 

下記の通り SNS配信中です。

よろしければ、アイコンをクリックして、遊びに来てください (#^.^#)//

 

インスタグラムをやっていましたら、是非フォローお願いします☆

フェイスブックもやっています!

「いいね!」 お待ちしています☆

 

ピンタレストで「もみの木の家」画像をゲットしてください☆

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全33ページ中)

ページトップへ