柴田ダイヤリー

日本最古のツーバイフォー住宅

2021/11/18(木) しっていると便利

弊社の建築はツーバイフォー工法というのはご存じだと思いますが、日本最古のツーバイフォー工法の建物をご存じでしょうか。

それは、JR大磯駅すぐそばにあります。国登録有形文化財(建築物)となっている旧木下家別荘です。現在は、大磯迎賓館となっており、レストランが併設されています。

先日、その大磯迎賓館に行って来ました。

 大正元年に建築のため、なんと築110年となります。

  

入口を入るとかわいいショップがあります。

  

中は、無料で見学できます。階段の天井が低くて・・・

  

2階からは、大磯の海が見渡せます。見ての通り、海が近いので塩害もあります。

しかし、しっかりとメンテナンスをすれば110年たってもこんなに立派な建物なんです。これを考えるとメンテナンスはとても大事ですね。

 110年前の建築技術と現在の建築技術を比べれば雲泥の差だと思うので、それを考えれば弊社の建物は110年後も大丈夫ですね。

 The 1st 2×4 house in Japan

日本で最初のツーバイフォーの建物のオブジェです。

レストランは・・・明日に続きます。

 

 

下記の通り SNS配信中です。

よろしければ、アイコンをクリックして、遊びに来てください (#^.^#)//

 

インスタグラムをやっていましたら、是非フォローお願いします☆

フェイスブックもやっています!

「いいね!」 お待ちしています☆

 

ピンタレストで「もみの木の家」画像をゲットしてください☆

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全33ページ中)

ページトップへ