柴田ダイヤリー

カラーコイン

2020/09/26(土) お金について

前回のお金について③で少し触れたカラーコインについてお話しします。

みなさんはカラーコイン見たことありますか。

日本で初めてカラーコインが発行されたのは2003年1月22日第5回アジア冬季競技大会千円銀貨です。

平成20年から平成28年まで8年かけて地方自治法施行60周年記念千円銀貨が47都道府県全てカラーコインで出しました。私もがんばって集めていますがまだ3割くらいしか集まっていません。これは是非コンプリートしたいと思っています。

特に高知県の坂本龍馬や東京都の東京タワーは高くて手がでません。

最近では、東京2020オリンピック競技大会記念1000円銀貨がカラーコインで出ました。

でもこのカラーコインですが、もちろんプルーフ加工ですので、先日お話ししたプルーフ貨幣に色を付けていることから、更に眺めていても飽きが来ないんです。

造幣局さいたま支局で作成しているのを見ることが出来ますが、一気に塗るのではなく、一色ずつ色が付けられていくんです。

プルーフ貨幣セットはものによってはお安く手に入るようになりましたが、カラーコインはまだまだ高級品のため簡単に手が出ません。

大人買い出来る日が来るかな~

 

 

下記の通り SNS配信中です。

よろしければ、アイコンをクリックして、遊びに来てください (#^.^#)//

 

インスタグラムをやっていましたら、是非フォローお願いします☆

フェイスブックもやっています!

「いいね!」 お待ちしています☆

 

ピンタレストで「もみの木の家」画像をゲットしてください☆

 

 

 

 

記事一覧|2020年9月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ