柴田ダイヤリー

2021.3.27 川口市S様邸 ほたて漆喰

2021/04/04(日) 建築現場訪問

この日は、初めてほたて漆喰を塗っている現場に行ってきました。

展示場でお話を聞いて頂い方はお分かりだと思いますが、このほたて漆喰は相当の技術が必要です。弊社の左官屋さんも塗れるのは1社のみです。当初何社かにやってもらいましたが、全くダメでした。

ほたて漆喰は、調質効果・抗菌効果があります。たくさん湿気を吸ってくれます。最近は、ほたての貝殻の粉は洗剤に使用されたり、学校のチョークで使用されているいます。菌をやっつけてくれます。

そんなほたて漆喰ですが、なんと1回塗りなんです。

袋から全て容器に移し、バケツに満杯の水と併せて機械で混ぜます。

   

混ざったら下の写真のコテで塗っていきます。

ピンク色の石膏ボードの上に直接塗ります。この石膏ボードはタイガーハイクリーンボードでシックハウス症候群の原因となっているホルムアルデヒドを吸収し分解してくれる優れものです。

  

塗った直後です。乾くのに2日前後かかります。冬場は乾きにくく、夏場はすぐに乾きます。

 このほたて漆喰を塗る作業ですが、一番最初は掃除から始まります。この掃除が重要なんです。ほこり等があると舞い上がって乾いていないほたて漆喰に吸着してしまうからです。通常、家1軒塗るのに2人で1週間、1人で10日かかります。

私が見ていてすごいなと思ったのは、天井を塗るとき床に養生をせずに塗れること。1滴たりともたらさない自信があるとのことです。普通の漆喰でも天井は難しいのに、さすがの技術です。

良い左官屋さんと出会えた弊社は幸運ですね。

 

 

下記の通り SNS配信中です。

よろしければ、アイコンをクリックして、遊びに来てください (#^.^#)//

 

インスタグラムをやっていましたら、是非フォローお願いします☆

フェイスブックもやっています!

「いいね!」 お待ちしています☆

 

ピンタレストで「もみの木の家」画像をゲットしてください☆

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全25ページ中)

ページトップへ