建築事例集

タイプ別|すべて

フランク・ロイド・ライト財団認証もみの木の家

Y様邸 熊谷市

物件データ

所在地埼玉県熊谷市
敷地面積352.38㎡
建築面積104.89㎡
延床面積169.48㎡
用途専用住宅
営業担当矢澤 育美
設計担当湯本 朝行
工事担当原田 昌樹
構造2x4工法2階建て

建築中レポート

1.2013年11月01日
地縄張り
地縄張り

解体が終了し更地になりました。
本日は地縄を張り、敷地に対して建物の壁芯で落とし込みました。

2.2013年11月03日
地鎮祭
地鎮祭
3.2013年11月03日
地鎮祭
地鎮祭

施主様の電気屋さんと水道屋さんに立ち会って頂き、顔合わせをさせて頂きました。

4.2013年11月03日
地鎮祭
地鎮祭

ご夫妻と娘様がご出席されました。
長くお打合せさせて頂きましたが、いよいよ着工です。
弊社はじめてのF.L.ライト認定住宅ですが、Y様に喜んで頂きますよう頑張ってまいります。

5.2013年11月16日
遣り方だし
遣り方だし

測量しながら正確に墨だしをしていきます。

6.2013年11月16日
基礎工事 地業
基礎工事 地業

基礎工事の土を均して、地業をはじめます。
地業は、地震のゆれを緩和するために施工します。

7.2013年11月16日
基礎工事 地業
基礎工事 地業

最初に約100㎜の栗石が並べられます。その上に再生砕石が約50㎜の厚さで目地詰めされ転圧されます。
この事業の丁寧さは大切です。でも完全に見えなくなってしまう箇所なんですよね~

8.2013年11月22日
基礎工事 配筋
基礎工事 配筋

D13異形鉄筋とD10異形鉄筋で構成され、鉄筋の被りも600㎜取ります。強靭な鉄筋コンクリートの基礎工事です。

9.2013年11月22日
基礎工事 配筋
基礎工事 配筋

地業が終わると約50㎜の厚さで捨てコンクリートの打設をします。
それは正確な墨出しをする為に施工するのですが、この墨出しは、基礎の基礎なので非常に大切なのです。

10.2013年11月22日
基礎工事 結束
基礎工事 結束

配筋が終わると生コンクリートが入ります。その圧力で歪まないよう丁寧に鉄筋を結束することが大切。丁寧な三和建設さんでは、結束機が使い過ぎてすぐ壊れてしまうんだと言っていました。

11.2013年11月22日
基礎工事 配筋検査
基礎工事 配筋検査

第三者機関 日本建築検査機構JIOの配筋検査がありました。
結果はもちろん、適合です。

12.2013年11月23日
基礎工事 耐圧と立ち上がり
基礎工事 耐圧と立ち上がり

耐圧も固まって、鋼板型枠で抑えています。

13.2013年11月23日
基礎工事  
基礎工事  

担当は、三和建設の山本(左)チームさん。基礎工事は見えなくなってしまう所が大切!きれいで丁寧な仕事でお客様に人気です。
Y様邸も美しく正確に仕上げて頂けました~ありがとうございます。

14.2013年11月30日
基礎工事  完成
基礎工事  完成

ベタの部分は地業合わせて350㎜の厚みの強靭な基礎工事が出来上がりました。

15.2013年11月30日
基礎工事 完成
基礎工事 完成

この美しさは、鋼板の手入れが行き届いていないと出ません。またバイブレーターを丁寧にかけてくれないと出ないのです。
さすがの基礎工事です。

16.2013年11月30日
基礎工事 完成
基礎工事 完成

施主様は、4度目の注文住宅と言う事と、親戚縁者が建設関係者との事もあって目利きですが、きっとご満足いただけると思います!

17.2013年12月10日
先行足場工事
先行足場工事

弊社では職人の安全第一と精度・近隣に極力迷惑をかけぬよう先行足場をかけます。

18.2013年12月17日
フレーミング
フレーミング

1階の壁が出来上がりました。これから2階の床に入っていきます。ここにファイアーストップと言われる火災に強い合理的な仕組みがあります。2×4工法(ツーバイフォー工法)は、火災保険料率的にT構造(鉄骨造など)とみなされ一般木造住宅の1/2になります。

19.2013年12月17日
フレーミング
フレーミング

1階の壁が建ち上がりました。2×4工法(ツーバイフォー工法)はコモンネイルという太く特殊な釘を10㎝ピッチ45㎝間隔で沢山使います。部分ごとに分けられたJIS規格5種類の太さと長さの釘を打っていきます。Y様邸はおよそ800キロ以上!これが強さの秘密です。

20.2013年12月17日
フレーミング
フレーミング

2×4工法(ツーバイフォー工法)は、構造材を一般の木造と比べて1.5倍の量を使います。

21.2013年12月26日
フレーミング  屋根工事
フレーミング  屋根工事

合理的で強い屋根が出来上がりました。本体とツーバイシックス材が45㎝間隔でハリケーン帯で結びあいます。

22.2013年12月26日
フレーミング 
フレーミング 

F・L・ライト財団認証のアザレアの屋根はゆるい勾配で長い軒が特徴です。2×4工法(ツーバイフォー工法)の屋根の構造材が縦に45㎝間隔で組み合うためとても強い屋根になります。

23.2013年12月26日
フレーミング  屋根工事
フレーミング  屋根工事

南側屋根の庇工事。2×4工法(ツーバイフォー工法)の屋根は構造的に合理的な強さを発揮します。

24.2013年12月26日
フレーミング
フレーミング

北側のげやができるところです。屋根勾配も利用してロフトを作る予定です。

25.2013年12月26日
フレーミング^
フレーミング^

2×4工法(ツーバイフォー工法)は、丈夫なマグサを入れるので開口部が強いのです。Y様邸は自由度を増すためにマグサを上部に施工しています。

26.2013年12月26日
フレーミング 
フレーミング 

無駄な経費と思われがちの仮説足場ですが、安全な足場は良い仕事につながります。

27.2014年01月09日
フレーミング  ハリケーン帯
フレーミング  ハリケーン帯

屋根のひさしを固定するのにハリケーン帯を施工します。

28.2014年01月09日
フレーミング 上棟検査
フレーミング 上棟検査

フレーミングが出来上がると第三者機関(JIO)の上棟検査がありました。もちろん適合です。

29.2014年01月09日
屋根工事 ルーフィング
屋根工事 ルーフィング

ルーフィングを施工し、高耐久コロニアルを施工します。

30.2014年01月10日
フレーミング工事
フレーミング工事

2×4工法(ツーバイフォー工法)は、丈夫なマグサを入れるので開口部が強いのです。

31.2014年01月10日
フレーミング工事
フレーミング工事

2×4工法(ツーバイフォー工法)は、構造材を一般の木造と比べて1.5倍の量を使います。

32.2014年01月10日
上棟打ち合わせ
上棟打ち合わせ

これまで図面でお打合せを重ねてきた事を、現場で確認します。お昼ご飯を上棟式としてご馳走になりました。ご主人様より、「業者選びは2年間かけて行いました。 沢山の業者を確認しました。サン勇建設は商品と人で気に入りました。」と、お言葉を頂きました。

33.2014年01月18日
フレーミング工事  玄関ドア・アルミサッシ
フレーミング工事  玄関ドア・アルミサッシ

玄関ドアと内部樹脂のアルミサッシが施工されました。

34.2014年01月18日
給排水工事
給排水工事

お客様のご親戚の業者とコラボしました。とてもしっかりとした配管工事です。

35.2014年02月03日
断熱材
断熱材

高性能グラスウールが施工されました。高性能グラスウールは、従来のグラスウールを綿状にした断熱材です。被覆のポリ袋は通気できる様メッシュで左右にひだがついていてツーバイフォー材に固定します。気密性の良いツーバイフォー工法には安価で性能の良い高性能グラスウールを採用しています。

36.2014年02月03日
内装工事 プラスターボード
内装工事 プラスターボード

12.5㎜のプラスターボードを施工が終わるとツーバイフォー工法の強度が確立します。気密性も良くなって、下地の段階ですが驚くほど暖かくなります。

37.2014年02月03日
軒裏
軒裏

軒裏にフレキシブルボードが施工されました。フランクロイドライト財団認証デザインは、窓の高さから軒が出す為、メンテナンスできるようにシャッターボックスを埋め込みます。

38.2014年02月03日
プラスターボード
プラスターボード

2階の洋室にも12.5㍉プラスターボードが施工されました。下地の段階ですが暖かいお部屋になっています。

39.2014年02月06日
第三者検査機関 上棟検査
第三者検査機関 上棟検査

第三者機関:日本住宅保証検査機構(JIO)の上棟検査がありました。もちろん適合です。

40.2014年02月28日
外壁工事 胴縁
外壁工事 胴縁

外壁はライムフィラ(漆喰)ですが、家の健康を考えて通気工法で施工します。

41.2014年03月12日
外壁工事
外壁工事

通気工法で下処理した漆喰ライムフィラの下地、モルタル左官工事が終わりました。

42.2014年03月12日
内装工事  和室
内装工事  和室

和室にはユングフラウ(もみの木の天井壁材)が施工され5寸の絞り丸太が取り付けられました。これから床の間の垂れ壁を奥様がデザインする所です。押入れの中もトロッケン(もみの木建材)が効能重視で施工されます。これからは押入れの湿気を気にすることはありません。

43.2014年03月12日
内装工事 天井と腰板
内装工事 天井と腰板

2階の西の部屋は、床はフォレストキング(もみの木床材)が完了し、ユングフラウ(もみの木の天井壁材)が施工されました。もみの木建材が施工されるととたんに現場の空気がよくなります!

44.2014年03月12日
内装工事  ニッチ
内装工事  ニッチ

ニッチも丁寧に下地処理が終わりました。あとはホタテ漆喰工事を末だけです。

45.2014年03月24日
外壁工事 タイル工事
外壁工事 タイル工事

外壁のポイントにフランクロイドライト財団認証のタイルが施工されます。デザインのコツを把握した熟練の篠田タイルさんがきれいに仕上げています。

46.2014年03月24日
内装工事  和室
内装工事  和室

和室の床の間のデザインが奥様によって完成しました。正面の壁面をLIXILの調湿タイル:エコカラットが1面に施工されます。

47.2014年03月24日
内装工事  キッチン換気フード
内装工事  キッチン換気フード

独立型のレンジフードも綺麗な納まりで出来上がりました。

48.2014年03月24日
内装工事  天然石施工
内装工事  天然石施工

パーティ型システムキッチンの袖に調味料等が置けるニッチを天然石をちりばめて施工します。外壁で活躍した篠田タイルさんが施工します。

49.2014年03月24日
内装工事  トイレカウンター
内装工事  トイレカウンター

1階のトイレカウンターは、もみの木のカウンター材を採用しました。掃除用具、予備のペーペーなど小物も収納できるよう考えられています。空気環境が良いです。

50.2014年03月24日
内装工事  ホタテ漆喰
内装工事  ホタテ漆喰

いよいよ、ホタテ漆喰工事が始まります。担当の大塚左官さんは、下地に時間を沢山かけてくれます。

51.2014年03月24日
外壁工事
外壁工事

ベランダの防水も完了し、仕上げを残すのみとなりました。フランクロイドライト財団認証デザインフォルムは、落ち着きます。そして軒の出が、いにしえの日本の伝統建築そのものです。

52.2014年03月26日
外壁工事 タイル工事
外壁工事 タイル工事

タイル工事も終盤になってきました。篠田タイルさんが頑張ってくれています。

53.2014年03月28日
内装工事  ホタテ漆喰
内装工事  ホタテ漆喰

ホタテ漆喰の下地処理が進んでいます。

54.2014年04月12日
外装工事
外装工事

雨樋もせtt完了ベランダの手すりも設置完了し、外装工事が完了しました。

55.2014年04月12日
外壁工事 タイル
外壁工事 タイル

フランクロイドライト財団認証デザインに忠実に完成しました。

56.2014年04月12日
完成  トイレ
完成  トイレ

2階のトイレも完成しました。

57.2014年04月12日
ベランダ笠置
ベランダ笠置

どこから見ても落ち着いた風格が出ています。笠木デザインも特別なものに揃えました。

58.2014年04月12日
完成 外観全景
完成 外観全景

フランクロイドライト財団認証デザインは、外構と一体になった理念です。これから一体となる外構工事がはじまります。

59.2014年04月14日
完成 洗面台
完成 洗面台

光と風が入るよう計算された洗面所。

60.2014年04月14日
和室
和室

床の間のデザイン垂れ壁と地袋の光が活きています。畳はシチクサの琉球畳です。障子6枚は取り外し収納して、広く使う事が出来ます。

61.2014年04月14日
ベランダから見た外観
ベランダから見た外観

軒が180㎝出ているカ所と90㎝の箇所が交差して夏涼しく冬暖かいフォルムが、日本の神社仏閣の伝統建築の懐かしさがあります。

62.2014年04月14日
ダイニングキッチン
ダイニングキッチン

洗練されたデザインと収納と、もみの木の良質な空気環境

タイプ別 - すべて にある

その他の建築事例集

ページトップへ