アパート建築「プリマ」とは

女性専用で違いを生み出す

高収益、長寿命のアパート経営を実現する「秘訣」はここにあります

「時間が経てば収益低下」の悪循環から脱するには

特徴のない普通のアパートは、5年も経つと新築物件と比べて競争力が低下します。多くのアパート経営者の頭を悩ます、負のスパイラルの始まりです。「古くなって入居率が低下する→家賃を下げる→入居者の属性が悪化する→家賃の滞納が増える→建物を十分に維持補修できなくなる→人気が低下する→入居率が下がる」。こうした悪循環から抜け出すには、時間が経っても入居者から選ばれ続ける魅力が欠かせません。

長い時間を経ても、高い収益性を保つための差別化。そんな仕組みを備えた次世代型の集合住宅が、女性専用のロフト付きワンルームアパート「プリマ(PRIMA)」です。

 

危険な負のスパイラル

 


 

単身女性に特化し、デザインや間取りで差別化

2020年頃をピークに日本国内の総世帯数は減少し、賃貸アパート市場は厳しい時代を迎えます。ただし「単身世帯」は増加が予想されるほか、現在の賃貸アパート市場では女性が安心して住める物件は十分に供給されていません。そんな市場動向を見据えたとき、大きな狙い目になるのが女性向けのワンルームアパートです。

一般世帯は2020年をピークに減少

一般世帯は2020年をピークに減少

 

単独世帯は増加傾向が続く

単独世帯は増加傾向が続く

また、駅からの近さや手頃な家賃で選ぶ人が多い男性に比べ、女性の場合は賃料が多少高くなっても安全性や快適性を求める傾向が強いと言えます。デザインや間取りの工夫による差別化は、女性向けアパートにとって効果的な手法となります。

「プリマ」は設計の工夫で高い市場価値を保ちます。

高い市場価値を保ちます

「女性に特化すると入居希望者も半減してしまうのでは?」と心配されるアパート経営者もいるでしょう。でも、プリマの基本的なプランは1棟で8住戸。例えば、私たちサン勇建設が拠点とする草加市周辺の20数万人という商圏規模を踏まえると、ターゲット半減の影響を心配する必要のない規模と言えます。むしろ、周辺の物件とは一線を画した「選びたくなる価値」を備えることこそ、アパートの長寿命化を図るためには重要です。

では、女性から強く支持され、長く競争力を維持するためにプリマではどんな工夫を施しているのか。詳しくご説明しましょう。

次は「デザインによる差別化と長寿命化」

アパート建築|アパート建築「プリマ」とは

ページトップへ