素足で歩いてみてください

しっかりとした基礎と構造、もみの木の内装、お客様へのキメ細やかな対応。
それが、サン勇の家づくりの特徴です。
お客様も、建てさせていただく私たちも、どちらもが幸せになれることが、私たちの願いです。

もみの木ファン、増加中

見学会をした時に、床に座りこんだまま帰ろうとしないお客様がいらっしゃいました。
「どうなさいました?」と伺うと、「いやもう、何とも言えず心地よくて、立つ気がしないんです」とのお答え。

そうなんです。私たちのつくる家は、ご案内している私たちまでもが眠くなってしまうような(?!)、やすらぎと癒しに満ちた家。その秘密は、床に、天井に、壁に貼られたもみの木にあります。

地球上に存在する樹々の中でも、太古の時代からあったと言われるもみの木。ヨーロッパでは、キリストの誕生を祝うクリスマスツリーに、もみの木が使われることがよく知られていますが、日本でも神社のお札や三宝、結納台など、聖なる場に使われてきました。

住宅づくりにおいては、もみの木は杉やひのきなどに比べ馴染みの薄い木ですが、あるきっかけで私たちが使い出して以来、「気持ちがいい」「においがこもらない」「観葉植物が元気になった」などとお客様の評判は上々、次々にファンが増えつつあります。

床材に使うもみの木は、表面に特殊な加工が施され、歩くときにすべらず、負担をかけない工夫もされています。杉でもひのきでも松でもない、独特の肌触りをぜひ一度、体感してみてください。

 

お客様の声

本人も驚くほど、体調がよくなりました

私は脳溢血の後遺症で、右半身に麻痺としびれがあるんですよ。 だから、家を建てることになったときも展示場を訪ねて歩くのが辛く、いつもサーっと見てそそくさと帰ってきていました。 ところがサン勇さんの見学会に行ったら、自分でも理由はよくわからないんだけれど、帰りたくなくなっちゃった(笑)。 とにかく体が楽なんです。ぽかぽかとして暖かいしね。いま考えると、あれがもみの木のせいだったんでしょうねえ。サン勇さんで家を建てて以来、体調もいいですから。

まだまだあります。サン勇ファンの声

 

こんなにすごい!もみの木の結露実験

もみ材、ナラの無垢材、ベニヤ板で同じ箱をつくり、果物と野菜を入れて密封し、結露の様子を比較しました。結果は一目瞭然。もみの木が果物などの鮮度を長く保つことがおわかりいただけると思います。

実験開始時

実験開始時

45日経過時(ラップ開封前)

45日経過時(ラップ開封前)

●ナラ・ベニヤ→保存物からの発生水分による結露

45日経過時(ラップ開封後)

45日経過時(ラップ開封後)

●ナラ・ベニヤ→4種のカビ発生(目視確認)
●もみ→1種の白カビ発生(野菜のみ)

次は、「空気がおいしい家」

サン勇の家づくり|サン勇の家づくり

ページトップへ