夏涼しく冬暖かい家に住みたい!鍵となる高気密・高断熱のデメリットはなくせる?

夏涼しく冬暖かい家に住みたい!鍵となる高気密・高断熱のデメリットはなくせる?

夏涼しく冬暖かい家写真:当社お客様 T様

一年中快適な家に住めたらどれだけ幸せかを考える人は少なくないでしょう。特に気候変動が顕著になってきている現代では、せっかく注文住宅を建てるなら夏涼しく冬暖かい家にしたいと思うのは自然なことです。

今回のコラムでは、夏涼しく冬暖かい家を作るために大事なポイントとなる高気密・高断熱について解説するだけでなく、高気密・高断熱にしたことで生まれるデメリットの解消方法も紹介します。

 

夏涼しく冬暖かい家の実現に大事なこと

まずは夏涼しく冬暖かい家を作るために大事なことを確認しておきましょう。前述した通り大事ななのは住宅の気密性と断熱性にあります。

気密性と断熱性が大事なのは、冬には外の冷たい空気を遮断して室内の温度を保つため、夏は逆に外の熱い空気を遮断して室内の温度を保つためです。昔のように隙間だらけの家であれば、外の空気が隙間から入り込んで室内温度に影響してしまいます。

下図を見てください。実際に断熱対策をしていない住宅と高断熱住宅における冬のリビングでの過ごし方が比較されています。左の間取りは断熱対策が取られていないため、暖房機器が三つも備えられています。右は部屋の中央にあるガスファンヒーター一台のみで事足りています。エアコンを活用していても同じことが言え、気密性と断熱性が考えられていないと、エアコンを使いまくらない限り冬は寒い家、夏は暑い家になってしまいます。

無断熱住宅と高断熱住宅の暖房機器の使用比較
図:廃棄物資源循環学会誌の松原斎樹氏・澤島智明氏の特集を元に作成

また当然ですが、暖房が効いていない他の部屋や廊下との温度差が激しいため、ヒートショックを起こす可能性があります。さらに無断熱住宅では明け方の室温も低いため、朝起きるのが苦痛になります。加えて暖房機器を付けてから室内温度が上昇するまで時間がかかるため、朝食時になっても部屋が暖まりきっていないということもよく起こるでしょう。

そして、どれだけストーブを焚いたりエアコンを付けっ放しにしても、隙間が多いと室内の温度を調整しづらく、エネルギーばかりを消費してしまいます。だからこそ、夏涼しく冬暖かい家を作るには、高気密・高断熱を実現することが鍵となるのです。

 

高気密・高断熱の一般的なメリット

高気密・高断熱のメリット
写真:当社お客様 J様

高気密・高断熱が大事なのは温度や省エネの観点だけではありません。その他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 室内温度の安定
  2. 省エネ
  3. 換気効率の改善
  4. 花粉の侵入の防止
  5. 防音性の向上

室内温度の安定と省エネについては散々触れてきましたが、加えて喚起効率の改善や花粉の侵入を抑えられるという素晴らしいメリットもあります。

 

換気効率の改善

一般的にはどんな住宅にも最低限の換気システムが備わっています。そして、隙間が少ない高気密な住宅の場合、その換気システムの効果が上がるのです。逆に隙間が多い家は給気口から入る空気の割合が少なくなります。つまり、高気密な住宅では換気扇での換気効率が上がるというのがメリットです。

 

花粉の侵入の防止

さらに花粉対策になるのが最大の強みの一つと言えるでしょう。例えば帰宅した時、外干しした洗濯物を取り込んだ時など、様々なシーンで花粉は家の中に侵入してきます。そして言うまでもなく、隙間があればそこから24時間侵入を許してしまうことになります。高気密であればこのように隙間からの花粉の侵入を防ぐことができます。

※家の中の花粉症について詳しく解説した記事:家の中の花粉症が劇的に改善する「もみの木の家」とは

 

防音性の向上

また、これは想像に難しくないと思いますが、隙間がなければ音の遮断性も高まります。室内温度の安定、省エネ、換気効率の改善、花粉侵入の防止、防音が高気密・高断熱住宅の主要なメリットです。

 

埼玉県草加市「モミの木のおうち」見学会イベント

森のような空気とお茶で憩いのひと時を

"モミの木カフェ" 無料イベント日程

高気密・高断熱の一般的なデメリット

高気密・高断熱は決して100点満点の技術ではありません。何事も一長一短であり、デメリットも当然ながら存在します。まずはどんなデメリットがあるのかを紹介し、高気密・高断熱を維持しながらそのデメリットを減らす方法を次の章で解説します。

  1. 換気をしないと空気がこもる
  2. 湿度管理が必要になる
  3. 日射管理が必要になる
  4. 開放型ストーブが使えない

 

換気をしないと空気がこもる

気密性が高いことにより空気がこもりやすいです。つまり、室内の二酸化炭素濃度が上がってしまったり、食事の臭いが滞留してしまいます。

 

湿度管理が必要になる

同時に湿気が溜まるというデメリットもあります。冬になると窓の表面が結露して頻繁に拭き取るなんていう経験をしたことがある人も多いはずです。室内には必ず一定量の水分があり、温度差が激しい箇所にどうしても結露が発生してしまうのです。

ですから外が寒く、室内が暖かければ結露が発生します。結露が出ているということは湿度が高いということです。高湿度はカビの発生を誘発しますので、健康的ではありません。

 

日射管理が必要になる

日射管理が必要になるのもデメリットとして挙げておきます。夏場に直射日光が部屋に入ると室内温度は上昇してしまいます。カーテンやすだれを付けることで緩和できますが、設計の段階で東西、特に西側の窓の面積を減らすのが得策です。

 

開放型ストーブを使えない

開放型ストーブを用いた場合は、燃焼廃ガス中の水蒸気とCO2が室内に大量に放出されるため、結露と室内空気環境の悪化に繋がります。一方、密閉型ストーブや室内に放出されない暖房設備の場合は、結露の原因となる水蒸気やCO2などは人体などからわずかに発生するのみなので問題ありません。

(参考:「気候特性に対応した住宅の断熱・気密性能に関する検討」赤林伸一ら)

 

夏涼しく冬暖かい家にするには?高気密・高断熱のデメリットをなくせる家づくり

ここまでメリットとデメリットを紹介してきましたが、結局どうしたらいいの?と疑問に思われるかもしれません。一旦本来の目的に戻ると、夏涼しく冬暖かい家に住むことがテーマですが、結論から述べると、高気密・高断熱住宅は科学的にも非常に優秀なので、予算が許す範囲で取り入れた方が得策です。

確かにデメリットもありますが、それらは工夫すして対策することができます。

 

木造住宅にして内装材に拘る

おうち森林浴と免疫力写真:当社お客様 I様

まずは木造住宅を選択して、さらに内装材に自然素材を選ぶことが一つの大きな対策です。自然素材を選ぶことで次のようなメリットを得られます。

  • 室内空気が良くなる
  • 湿度管理が楽になる
  • 臭いが滞留しなくなる
  • 花粉症が楽になる
  • 免疫力がつく

 

室内の空気がよくなる

木材の中でも化学物質を使わない自然素材を採用すると、木々が天然で発するフィトンチッドという健康的な化学物質が室内の空気環境を改善してくれます。“おうち森林浴“という言葉があるくらい密かに注目を浴びていますが、良質な建材を使うことで家の中で森林浴をしているような健康促進効果を得ることができます。

※おうち森林浴と免疫力について詳しく解説した記事:森林浴と免疫力の関係性

調湿管理が楽になる

そして調湿管理が楽になるのも大きなメリットの一つです。木は自分が育った環境の湿度に周囲の湿度を戻すという習性があります。例え部分的だとしても、自然乾燥された良質な建材を使うことで、家の中の湿度が一定に保たれます。

※調湿力について詳しく解説した記事:調湿建材って何?木材の調湿効果と家づくりの注意点

臭いが滞留しなくなる

臭いも同じです。例えば針葉樹のもみの木は、調湿力や抗菌性に加えて消臭性が非常に高いことで有名です。仮に家の中で焼き肉をやっても臭いが残らないと言われるほどです。内装材にもみの木など消臭性の高い建材を使えば、高気密でありながら臭いが滞留しない家を作ることができます。

免疫力がつく

先ほど言及したフィトンチッドですが、免疫力を高める効果があることが研究で明かされています。免疫力が高まれば花粉症対策にもなりますし、癌対策やストレス緩和にも繋がります。

 

フローリングを浮造りにする

フローリングを無垢材や自然素材にすることによっていフィトンチッドや調湿効果が得られることは前章で説明済みですが、そのフローリングにもう一工夫加えることで、夏涼しく冬暖かい暮らしを後押ししてくれます。

それがフローリングを浮造りにすることです。浮造りとは、床材の表面部分をブラシで削る加工のことです。この作業をすると、硬い木目(年輪)の部分がブラシではあまり削れないため残り、木目の間の柔らかい繊維部分が深く削れ凹凸が生まれます。

凹凸がると素足で床に立った時、ベタっと表面全体が床に密着するのではなく、へこんでいる部分に隙間/空間ができます。隙間があるということは空気があるということ。空気は実は非常に優秀な断熱材です。冬場フローリングが冷たくても接着面が少ないため体感温度が上がり、夏場は逆にベタっと接着しないため爽やかな感触になります。

 

まとめ

たくさんの情報を紹介してきましたので、最後に簡潔に大事なポイントをまとめます。

  • 夏涼しく冬暖かい家を作るためには、やはり高気密・高断熱な住宅であることが大事
  • 高気密・高断熱な住宅にもデメリットはあるが、それらはもみの木などの自然素材を使うことで解消することができる
  • さらにフローリングを浮造りにすることで、より年中快適な家を実現することができる

 

森のような清浄な空気と、冬でも温かいモミの木のぬくもりを

当社自慢のモデルハウスでご堪能ください。

ご家族・お子様をお連れのご来場もお待ちしております。

 

モミの木のおうちに触れる、感じる、感動する

"モミの木の家"見学会の日程はこちら

1ページ (全5ページ中)